借金返済の誰も語らないこと


私は先日になるのですが、お金を借りました。当然借金返済という行動に出るのですが、それが意外にも大変でちょっとキツいなって思うことが多くありました。というのも、普段から稼ぎが悪いので、少しずつ返していくのも大変だったからです。家族で団欒をしていても、頭の片隅にはどこか借金のことが残っているような状態でしたので、そこを考えないようにすることはかなり大変な労力が必要になることは、私の経験からして存在しています。

ここをどのような変化にもっていくかによって、誰も語らないような変化というものを感じることができるのでしょう。ですが、私はひとりで塞ぎこんでいた部分があったので、そこが良くなかったのかもしれません。自分で積極的に行動することができれば、そこから思い通りの結果を残すことができるようになります。

しかし、そこを上手に取り組んでこなかったというのは、ちょっと悲しいところでもあります。借金返済というものに気を取られすぎている自分が少し悲しくなりましたし、ちょっと情けなくなっていることは確かです。誰も語らない部分にこそ、その人の思重みや深みというものを感じることができます。そこを自分で知ることができるというのが、素晴らしいことです。

 

スネカジリのすすめ 住宅ローン

家を持つって本当に大変なんだな・・・家を持つためのプロセスも大変だし、家を持ってからの段取りも大変だし、家を持つためには何よりオカネがかかる。大きな買い物だし当然かな。実際に家を持つためにはローンを使う人が多いよね。でも、ローンは不安がつきもの。審査に通るのかっていうこと。どこのローンが自分に合っているのか、審査に通るのかっていうのは重要だと思う。

新生銀行住宅ローンの審査基準:事前審査前に知っておきたい3つのポイント

インターネットなんかで事前審査ができるとちょっとは安心できる。これはみっちり調べる必要がありそうだ・・・その他の道としては・・・とりあえず、手持ちのオカネを増やすためには?
1.節約して貯金する
2.不要なものをオカネに替える
3.仕事を増やして収入も増やす
4.親に頼る

自分の中でやってみる可能性が高いものから揚げてみたケド・・実際に貯まるかどうかはやってみないとわからないよね。1と2はすぐにでも始められるからやってみよう。でも、明らかに大したお金にはならなそうだし、かなりの長期戦になりそう。長期戦といえば、3も同じか。4は・・・この年になって親のスネカジリか・・て感じだしね。最終手段かな・・って思ってたけど、それが意外に効果的なのかもしれないってハナシ。

というのも、やはり数百万単位のオカネを貯めるのには、何年も掛かり、そのあいだに土地の価格やマンションの情勢も変わってしまったり。しかも年齢が上がれば上がるほど、ローンを支払い終わる年齢も上がるコトになってしまう。もしまとまったオカネを”贈与”という形でも、親に支援してもらえれば、その分をマンションの頭金にすることも出来るし。贈与に関して言えば、贈与税がかからない金額を支援してもらうのも手出し、住宅取得の為であれば、特例措置もあったりするし。

イロイロ方法も広がるわけで・・・最後の”スネカジリ”をお願いする価値はありそう・・私もカジリ方をちょっと考えてみよう。

住宅工事の為にしばしば活用される三井住友

住宅は、カードローンとは密接な関連性があります。それは購買時に利用されるというのもありますが、補修費用などが必要になるケースもあるでしょう。長らく使い込んだ住宅などは、どこかのタイミングで工事も必要になってきます。

それでリフォーム用の商品を検討する選択肢もありますが、手続きがかなり面倒な事もあるのです。それで金融機関別のカード商品が検討される事もあります。その1つとして、三井住友銀行がピックアップされる事もあります。

三井住友銀行は、リフォーム用としても十分に優れているのです。そもそもカード商品によっては、住宅補習の為の資金調達としては、やや不向きな場合があります。年利水準がやや高すぎるからです。しかし三井住友ならば、十分に低い水準と言えます。

しかも三井住友は、使い勝手にも優れているのです。リフォーム用商品では別途で手数料が生じる事もありますが、三井住友ならば手数料は原則無料になります。色々な面で使いやすいので、しばしば住宅工事の為に利用されている訳です。

 

最近の新築住宅の購入事情

 

新築住宅を購入する時は多額の費用がかかってしまうので金融機関による住宅ローンを組むというのが一般的な購入方法です。しかし金融機関で住宅ローンを組むには審査が可決されないと組む事が出来ません。

審査が可決されるには正社員としてある程度の勤続年数があって安定した収入を得ていないと審査は可決されません。最近では非正規で働いている人も増えてきているので金融機関による住宅ローンを組めなくて新築住宅を購入する人も減ってきています。

新築住宅を購入する時は土地と建物を一緒に購入する建売住宅が基本となりますが、都道府県によって土地の値段は大きく異なってきます。東京など主要都市になると土地の値段が高くなってしまいますが、地方だと東京より大幅に安いという事もあります。

特に知名度が低い島根、鳥取、山口などは土地が低い傾向があるので新地住宅を購入して移住するというのも一つの手です。現在地方でも開発が進んでいるので新築住宅を購入したい場合は地方への移住も検討してみるといいでしょう。

ゴールドカードって、憧れよね。


クレジットカードを数年前に作って、毎月5万円くらいはカード払いでショッピング。会計時にクレジットカードだと早いし便利なのよね。 しかもポイントが付くから、 現金で買うよりもあとからお得が付いてくるって感じがする。今持っているクレジットカードも結構好きよ。 色んな優待があって、女子会や友達との飲み会ではいつも特典を使わせてもらってるわ。 ショッピングの時も割引があるしね。 それに、明細書がお小遣い帳のような役割があるから便利だもん。

だけど、ゴールドカードが欲しいのよね。 私って光物が好きだから、ゴールドカードの輝きが欲しいの。一口にゴールドカードって言っても、 色んな会社からいろんなタイプが出てるじゃない? どれがお得で、持っていて優越感があるのかしら?海外旅行で使えて、お得度マックスで、 ゴールドカードの中でも一番いいサービスとか特典があるカードを作りたい。ところで、ゴールドカードのサービスっていったい何があるの? 友達に聞いてみよう。
私の周りで唯一ゴールドカードの持ち主に聞いてみることにした。 (メールでね。)

一般的なのが、空港ラウンジが無料で使えるサービスや手荷物無料宅配サービス、 海外だとポイント2倍になる。
あとは、国内外の旅行傷害保険の金額が高額。(例えば5,000万円とか1億円とか) なんだって。そうかぁ。あとはクレジットカードの審査に通るのかどうかが問題よね。 きっと大丈夫だと思うんだけど・・・  どっかで、ゴールドカードの審査についての情報が分かって、 いろいろと比較できるサイトがあれば楽なのにね。ここを参考にすれば私もカード発行できるかも♪

訪問看護師の求人が増えているという新常識


看護師が人手不足となっているのは常識だけど、昨今では、その中でも訪問看護師が特に足りないというのが新常識になっているよ。
高齢化が進んでいるから、介護施設に入居できない高齢者はすごく増えているの。だから一人暮らしをする高齢者も多いし、自宅介護をする人も増えているんだ。そういう高齢者や、高齢者を支える家族にとってすごく頼りになるのが、訪問看護師なんだ。定期的に各家庭に訪問して、医療的なサポートをおこなってくれるから、健康管理がすごくスムーズになるのね。

たとえば、血圧をチェックしてくれたり、点滴薬を追加してくれたりするんだ。
でも高齢者がどんどん増えているから、人手が足りていないの。だから医療機関では積極的に求人をおこなっているのだけれど、それでも高齢者の急増に追いついていない状態なのね。

逆に言えば、訪問看護師はすごく狙い目のオススメの職業なんだよ。とにかく求人数が多くて引く手あまただから、応募すれば採用されやすいの。しかも時間外の呼び出しがかかることも多くて、その分手当が支給されるから、高給が期待できるというオススメポイントもあるんだ。だから看護師の資格がある人たちの間では、積極的に応募することが新常識になっているよ。

 

転職ランキングサイトの徹底活用

ネットで検索すると求人サイトがすごい数! 看護師求人だけでもかなりな量の求人があるんですね。 やっぱり看護師は売り手市場なんだなって実感します。売り手市場だとはいえ、自分にぴったりの理想の職場を見つけることは 非常に困難で時間も労力もかかると思います。 お休みの日に職活動に時間をかけてばかりも いられませんよね?

だから私はランキングサイトへ登録してみ ました! 登録するのは簡単ですし、無料だったのがいいですね。アドバイザーと名乗る方から連絡があり、 予約してお話をしに行くことに。 そこで、希望条件や経歴等の確認、 次の就職についての要望とかを聞かれました。 あと、悩んでることはないですか?って、 聞かれて、つい職場の現状と愚痴を少々・・・。

その愚痴の中からか、私には新人を指導するような 能力もありそうだ!って言ってくれて、 指導員の資格を取ったらどうかって勧めてくれました。 そして、その資格を取りながらの勤務をさせてくれる 病院を紹介してくれたのです。きっと、そういう病院は私だけでは探すことは 出来なかったと思います。 求人の会社ならではのノウハウと情報網が この求人紹介に繋がったのではないかなって。

アドバイザーの方はさすがプロ! 面接時の対応もきちんと教えてくれて、 心強かったし安心して任せらたことが、 結果に繋がるのですよね。面接はこれからなのですが、練習の通りにリラックスして、 頑張ってきたいと思います。

 

看護師求人サイト:ナースではたらこ採用・合格するには?

看護師の転職をキャリアコンサルがフルサポート初めての転職で、何から始めればいいのか…全く分からない状態でとりあえず看護師求人サイトに登録しました。本当に軽い気持ちで…でも、「これで何とかなる!」という思いは、強かったです。『ナースではたらこ』に登録して間もなく、担当になったというコンサルタントの方から連絡を頂きました。その時に、正直に「何をすればいいのか分からない」という事を伝えてみました。

「甘ったれた奴だな」と思われるだろうと思っていたら、丁寧に対応していただき、漠然としていた私の希望条件や将来像を明確にしてくれて、方向性を 示してくれました。今思えば、この『なりたい私』というのをハッキリさせておく事こそが、採用試験で合格するのに重要だったんだと思います。看護師の採用選考には、書類選考・作文・面接が主にあります。 私は自信がなくて、戸惑ってしまったのですが、ナースではたらこのコンサルタントの方に「すべて100点満点を取る必要はないし、偏りがあってもいけな い。要は、バランスが大事だ。」と教えて頂き、背伸びをすることなく、ありのままの自分で堂々と挑む決意をしました。ここで、私が教わった各選考のポイン トを伝えておこうと思います。

<書類選考(履歴書)>ちゃんとした服装の写真を貼る。手書きの場合は、きれいな字を書く。条件だらけにしない。<面接>病院の雰囲気に合っている か。責任感と熱意があるか。ポジティブか。コミュニケーション能力があるか。<作文>字がキレイで、誤字脱字がない。テーマと合っている内容。熱意が感じ られる。この中でも、やっぱり面接が最重要視されています。同僚や患者さんと上手くコミュニケーションが取れないと困りますもんね。採用の決め手になった のは「相性が良かったから」というのも多いそうです。私のように初めての転職で不安がいっぱいの人も多いと思います。でも、誰だって0からのスタートで す。サポートしてくれる人もいます。ナースではたらこもありますし…。一緒に初めの一歩を踏み出しましょう。

 

正看護師から准看護師への差別がある職場から転職し、今は差別のない病院で働くことができています

准看護師の差別の有無は、職場によってさまざまなことを知りました。ナースではたらこに相談して転職。今は、コンサルタントの方のお陰で快適に勤めています。

性別:女性
職業:准看護師
年齢:25歳
年収または月収(転職前・転職後):約340万円→約365万円
職種:医療関係
転職方法(業者):ナースではたらこ(ディップ)

准看護師への差別

医療機関で働く看護師の中には正看護師と准看護師とがいますが、私は准看護師です。正看護師が私たち准看護師に対して上から目線の発言や態度を取ることは日常茶飯事で、それは私が入る前からのようでした。そんな対応をされるのは正直なところ気分がいいものではありませんでしたが、最初の数年間は仕事を覚えることに必死でしたので思いつめるほどではありませんでした。

学校では教えてくれないこともいろいろあり、現場でつかみとっていかなければいけないことが准看護師にはたくさんありますので、他人の態度をスルーすることなど特に難しいことではありません。学校を卒業してすぐに前の職場に入ったので、こんなものだろうと思っていたのですが、忙しさが増したせいかこのところ特に空気の不快さが悪化し、もうこれ以上ここで働きたくないと思うようにまでなってしまいました。

久しぶりに会った准看護師をしている友人にこの話をしたところ、その子の働いている病院ではそんな差別は全くないと聞かされました。もしかしてこれって職場が原因ってこと? 他の准看護師の子たちにも、話を聞いてみることにしました。普段はお互い楽しい話しかしないので、こういった深刻な話を真剣にしたことはありませんでした。しかし話を聞いてみると、私と同じような辛い思いをしている子もいれば、一方でみんな平等に扱ってもらっているという子もいるなど、職場によってさまざまなことがわかりました。

私はもっと快適な環境で働きたい。せっかくがんばって勉強してなった准看護師の仕事を、職場の人間関係などでふいにしたくない。職場がよくないなら職場を変えてしまえばいいと、思い切って転職を決意しました。

退職後の不安

転職をすると決めたところまではよかったのですが、退職をして収入が全くなくなることに大きな不安を感じました。もしかしたら、転職したくてもできないかもしれません。その頃のことを今になって振り返ると、准看護師とは全く関係ない無資格でできるアルバイトでもしながら職探しをすればいいと思うのですが、そのときは冷静さを失っていたようで、そんなこと思いつきもしませんでした。

休憩中など、気が付けば時間が空くたびにスマホで准看護師の仕事について検索するクセがついていました。すると、画面の横に表示される広告欄に、看護師の転職や就職の人材派遣サイトが頻繁にでてくるようになりました。そういうサイトで転職活動する手段があるのだと知り、あらためて自分の転職先に求める条件などで検索してみたところ、ナースではたらこに出会うことができました。

コンサルタントの温かい支え

ナースではたらこのコンサルタントの方に話をしたところ、准看護師のこういった悩みは他の方もされていたそうです。転職の専門家に心強い理解者を得たようで、その話にホッとしました。コンサルタントの方は医療機関の中のこともよく知っているそうで、職場環境や働きやすさなども精通しているそうです。

また、私からの要望がなにかあるときは医療機関サイドに伝えて交渉し、私が働きやすいようにしてくれるとおっしゃってくださいました。これからお世話になるかならないか分かりもしない病院に、私のような准看護師として未熟な者が生意気な交渉を持ちかけても、本来であればそんな人は雇いたくないと帰されてしまうはずです。ナースではたらこのコンサルタントの方ならそれとほぼ同じことが可能になるようなので、なんだかスゴイと思いました。

コンサルタントの方がいい職場を紹介してくださったので、今は快適に仕事ができています。働き始めてからでも、なにか困ったことなどがあればコンサルタントの方が交渉に入ってくれるということなので、もう一人で不安になることもなさそうです。