借金返済の誰も語らないこと


私は先日になるのですが、お金を借りました。当然借金返済という行動に出るのですが、それが意外にも大変でちょっとキツいなって思うことが多くありました。というのも、普段から稼ぎが悪いので、少しずつ返していくのも大変だったからです。家族で団欒をしていても、頭の片隅にはどこか借金のことが残っているような状態でしたので、そこを考えないようにすることはかなり大変な労力が必要になることは、私の経験からして存在しています。

ここをどのような変化にもっていくかによって、誰も語らないような変化というものを感じることができるのでしょう。ですが、私はひとりで塞ぎこんでいた部分があったので、そこが良くなかったのかもしれません。自分で積極的に行動することができれば、そこから思い通りの結果を残すことができるようになります。

しかし、そこを上手に取り組んでこなかったというのは、ちょっと悲しいところでもあります。借金返済というものに気を取られすぎている自分が少し悲しくなりましたし、ちょっと情けなくなっていることは確かです。誰も語らない部分にこそ、その人の思重みや深みというものを感じることができます。そこを自分で知ることができるというのが、素晴らしいことです。

 

スネカジリのすすめ 住宅ローン

家を持つって本当に大変なんだな・・・家を持つためのプロセスも大変だし、家を持ってからの段取りも大変だし、家を持つためには何よりオカネがかかる。大きな買い物だし当然かな。実際に家を持つためにはローンを使う人が多いよね。でも、ローンは不安がつきもの。審査に通るのかっていうこと。どこのローンが自分に合っているのか、審査に通るのかっていうのは重要だと思う。

新生銀行住宅ローンの審査基準:事前審査前に知っておきたい3つのポイント

インターネットなんかで事前審査ができるとちょっとは安心できる。これはみっちり調べる必要がありそうだ・・・その他の道としては・・・とりあえず、手持ちのオカネを増やすためには?
1.節約して貯金する
2.不要なものをオカネに替える
3.仕事を増やして収入も増やす
4.親に頼る

自分の中でやってみる可能性が高いものから揚げてみたケド・・実際に貯まるかどうかはやってみないとわからないよね。1と2はすぐにでも始められるからやってみよう。でも、明らかに大したお金にはならなそうだし、かなりの長期戦になりそう。長期戦といえば、3も同じか。4は・・・この年になって親のスネカジリか・・て感じだしね。最終手段かな・・って思ってたけど、それが意外に効果的なのかもしれないってハナシ。

というのも、やはり数百万単位のオカネを貯めるのには、何年も掛かり、そのあいだに土地の価格やマンションの情勢も変わってしまったり。しかも年齢が上がれば上がるほど、ローンを支払い終わる年齢も上がるコトになってしまう。もしまとまったオカネを”贈与”という形でも、親に支援してもらえれば、その分をマンションの頭金にすることも出来るし。贈与に関して言えば、贈与税がかからない金額を支援してもらうのも手出し、住宅取得の為であれば、特例措置もあったりするし。

イロイロ方法も広がるわけで・・・最後の”スネカジリ”をお願いする価値はありそう・・私もカジリ方をちょっと考えてみよう。

住宅工事の為にしばしば活用される三井住友

住宅は、カードローンとは密接な関連性があります。それは購買時に利用されるというのもありますが、補修費用などが必要になるケースもあるでしょう。長らく使い込んだ住宅などは、どこかのタイミングで工事も必要になってきます。

それでリフォーム用の商品を検討する選択肢もありますが、手続きがかなり面倒な事もあるのです。それで金融機関別のカード商品が検討される事もあります。その1つとして、三井住友銀行がピックアップされる事もあります。

三井住友銀行は、リフォーム用としても十分に優れているのです。そもそもカード商品によっては、住宅補習の為の資金調達としては、やや不向きな場合があります。年利水準がやや高すぎるからです。しかし三井住友ならば、十分に低い水準と言えます。

しかも三井住友は、使い勝手にも優れているのです。リフォーム用商品では別途で手数料が生じる事もありますが、三井住友ならば手数料は原則無料になります。色々な面で使いやすいので、しばしば住宅工事の為に利用されている訳です。

 

最近の新築住宅の購入事情

 

新築住宅を購入する時は多額の費用がかかってしまうので金融機関による住宅ローンを組むというのが一般的な購入方法です。しかし金融機関で住宅ローンを組むには審査が可決されないと組む事が出来ません。

審査が可決されるには正社員としてある程度の勤続年数があって安定した収入を得ていないと審査は可決されません。最近では非正規で働いている人も増えてきているので金融機関による住宅ローンを組めなくて新築住宅を購入する人も減ってきています。

新築住宅を購入する時は土地と建物を一緒に購入する建売住宅が基本となりますが、都道府県によって土地の値段は大きく異なってきます。東京など主要都市になると土地の値段が高くなってしまいますが、地方だと東京より大幅に安いという事もあります。

特に知名度が低い島根、鳥取、山口などは土地が低い傾向があるので新地住宅を購入して移住するというのも一つの手です。現在地方でも開発が進んでいるので新築住宅を購入したい場合は地方への移住も検討してみるといいでしょう。